2021/03/18

カーディガン

 




カーディガンは昔から大好きでよく使っています。
シャツやカットソーだけじゃ物足りない時や
寒かったり暑かったり気温の変化が多い季節など
実用的な洋服の1つです。


Nobuyuki Matsuiのカーディガンはコットンリネン。
アシンメトリーなデザイン。
少しシャリッとしていて肌当たりも良く
清涼感のあるカラーも気に入りました。
ロービング麻紐の柄は一点一点手で編み込んでいるそうで
同じ柄は1つとしてありません。
その麻紐は引っ張ると抜けてしまうらしい。
少しずつ抜けていったりほつれてくるカーディガン。


しかし、着用を繰り返す事によってある意味
唯一無二の変化をするではないでしょうか。
それは使う事によって完成するような
まるでアート作品のような雰囲気を感じました。



__________________________________________________________________________________________________________


INSIDE MY GLASS DOORS

大阪市中央区久太郎町3-1-16 丼池繊維会館102北
06-4708-7886   
open 12:00-20:00  close Wed.


ホームページ上の写真や記事の複写転載はご遠慮下さい。




2021/03/15

白いシャツは透けさせない

 



暖かくなってくるとシャツやTシャツが着たくなります。
濃い色のものは勿論着るけれど、少し明るい色が使いたくなる。
それは気分的にです。四季のある日本ならではなのかもしれません。
白や薄い色の洋服を着る、そうなるとインナー問題が浮上します。
本来ならシャツやTシャツは素肌に着て欲しいと、あるデザイナーの方は仰られていました。
しかし、日本人の肌の色の関係だと思いますが、透けて欲しくない部分が透けてしまったり。
そして汗を気にしてしまう。だからインナーを着る。そうなります。







去年、YINDIGO AMのインディゴさんに相談して肌の色に近いシルクのタンプトップを作って頂きました。ご購入された方の評判も良く、とても喜んで頂けました。
しかし『タンクトップは着ないんです。』という声を多く聞き、今年は半袖もご用意しました。色名はORYZA、ラテン語でお米を意味する言葉です。
これでインナー問題は解決です。







白や生成りや淡いブルーなどのシャツの下に着ればインナーのラインがほぼ見えなくなります。
肌の色と同化するので、まるで一枚で着ているかのよう。
素材は定番のウォッシャブルシルク。柔らかく、滑らかで、とても自然な着心地。
いつも着るシャツやTシャツの着心地が格段に上がったように感じました。
洗濯機で洗ってもシルク特有のキシキシした感じが全く出ず、どんどん柔らかく気持ち良くなる素材。
私たちはもうYINDIGO AMのシルク無しではダメな体になっています。






1番重要なのは素肌に触れるインナーかもしれない、このシルクに出会って
そう思わされました。
インナーを変えるだけで、過ごす1日の気分がガラリと変わる。
見えない部分ではありますが、自分だけが知る事の出来る
心地良さを是非体感して頂きたいです。



一緒にJuniperという綺麗な色も入荷しています。
その他の定番色も補充しました。



__________________________________________________________________________________________________________


INSIDE MY GLASS DOORS

大阪市中央区久太郎町3-1-16 丼池繊維会館102北
06-4708-7886   
open 12:00-20:00  close Wed.


ホームページ上の写真や記事の複写転載はご遠慮下さい。





2021/03/13

汗っかきの為のロンT








キャンプに行くようになってからウールの快適さに気付く事が出来ました。
体から出る水分の量によって体温を調節しているらしく、冬は暖かく夏は涼しい。
汗をかいても気持ち悪い感じが全く無くて、汗をかく事自体嫌いだった私が
汗をかく事に抵抗がなくなりました。汗っかきの為のロンTです。


super120のウール天竺。少しゆったりとしたシルエットで素材の持つドレープがとても美しい。BLACKはパキッとした黒、ORYZAはお米を意味する言葉でとても自然な色合いです。
黒は何も考えず使い易いけど、涼しげな色も欲しかったのでORYZAは特別に作って頂きました。風が通り抜けて涼しいので、真夏にもこれなら使えそうです。


YINDIGO AMは素材が本当に優しい。
肌に触れるものがこんなにも大切だったのかと・・。
気分も上がり、その日1日が変わります。
だから私たちは勝手に『着る漢方薬』と呼んでいます。


YINDIGO AM / WOOL TRACK L/S T



__________________________________________________________________________________________________________


INSIDE MY GLASS DOORS

大阪市中央区久太郎町3-1-16 丼池繊維会館102北
06-4708-7886   
open 12:00-20:00  close Wed.


ホームページ上の写真や記事の複写転載はご遠慮下さい。





2021/03/12

SOUTH PUDDLE

 





『日本への旅は日本で生まれ育った私にとって、自国への内面の旅です。日本はとても清潔で規則正しい透明感のある国で、反面その外側の顔で吸収できない不透明な混沌が存在していると思います。混沌は統制されることもなく、社会的な立場を得ることもなく、時に蔑まされながら、苦しみながら、存在している。村上春樹の小説の構造に頻繁に見られるパラレルワールドがそれと共通しているというわけでもないかもしれませんが、日本を考えた時にイメージに上ったのは、村上春樹の小説の構造にしばしば見られるパラレルワールドでした。』


今回のテーマを見て、パリを拠点としているデザイナーの瀬谷さんが外から見る日本と内から見る日本を表現されているのかなと感じました。

何とも言えないキレイな色と触り心地が堪らないヘンプを使ったジャケットとパンツ。
パリッとした気持ちの良い生地の空気感のあるシャツ。
そして枕など・・・。


是非皆さんにご覧頂きたいです。ご来店、お待ちしております。



ご不明な点や通販をご希望の方はメールにてご連絡下さい。


__________________________________________________________________________________________________________


TRENCH JACKET / INDIGO BLUE / S  M  L  sold out

TRAVEL PANTS / INDIGO BLUE / S  M  L  XL

ETERNAL SHIRT_HAND STITCH / WHITE / S  M  L

ETERNAL SHIRT_HAND STITCH / LEAF GRAY / S  M  L

SUMMER SCHOOL SHIRT / LEAF GRAY / S  M  L

VOYAGE BLOUSE / LIGHT INDIGO / SHORT (WOMEN)

夢読み枕

URUSHI BANGLE / SKY

URUSHI BANGLE / INK BLACK



__________________________________________________________________________________________________________


INSIDE MY GLASS DOORS

大阪市中央区久太郎町3-1-16 丼池繊維会館102北
06-4708-7886   
open 12:00-20:00  close Wed.


ホームページ上の写真や記事の複写転載はご遠慮下さい。






2021/03/10

動きまわりたい

 










若い頃は少し背伸びがしたい。
歳を重ねると少し抜け感が欲しい。
どの世代にもフィットするのがun/unbientの作る洋服。



ボタンレスのジャケット。生地の動きが美しいポーラという素材。
トロピカルよりも通気性がありとても涼しい。
そしてシルクをブレンドする事によって光沢と滑らかさをプラス。
クラシックなチェック柄の中に淡いグリーンやパープルのラインが効いていて
裾の耳ネームはギリシャ文字でデザインが施されている。
首元だけボタンがあり、留めれば雰囲気が変化する。
シャツでキッチリ着ても良いし、Tシャツでラフにも着る事ができる。



このジャケットは洗う事が出来る。
春夏は汗をかくので、ケアをし易い方が良い。
気兼ねなく着れるジャケットがあるとシンプルになりがちな暑い季節を
より楽しむ事が出来るのではないだろうか。
着てみて感じたのは、とにかく涼しい(今は寒い)のと動いて生地を動かしたくなる。
とても気分の上がる洋服だった。



ご不明な点はお気軽にメール下さい。






__________________________________________________________________________________________________________


INSIDE MY GLASS DOORS

大阪市中央区久太郎町3-1-16 丼池繊維会館102北
06-4708-7886   
open 12:00-20:00  close Wed.


ホームページ上の写真や記事の複写転載はご遠慮下さい。





2021/03/09

バーバリー

 












家で何もしない休日。そんな日があってもたまには良い。
夜遅かったせいか、昼前に目が覚めいつものスウェットパンツに着替えてソファに座る。天気予報は曇りだったが、外を見ると晴れ間が覗いていて急に自転車に乗りたくなった。
スマホと財布だけを手に取り、玄関に掛けてあった赤いドリズラーを羽織って家を出た。



1980年代のBURBERRYのドリズラーブルゾン。
コットン100%のイングランド製。
80年代らしいカラーやデザインが所々に感じられ、どんな時に、どうやって着ようか考えるのがとても楽しい1着。一見派手に見えるかもしれないが、実際に見ると落ち着いた赤でデニムやチノ、スウェットパンツなどあまり合わせるものに困らない。



これから暖かくなり自転車に乗るのが心地良い季節だ。着丈の長い春コートも大好きだが自転車に乗る時はやはり着丈の短い物が良い。オーバーサイズなので、普通のドリズラーに比べて少し着丈が長く、そこも使い易いと思う。そして何よりも気分が上がりそうな赤だ。


ご不明な点はお気軽にメール下さい。





__________________________________________________________________________________________________________


INSIDE MY GLASS DOORS

大阪市中央区久太郎町3-1-16 丼池繊維会館102北
06-4708-7886   
open 12:00-20:00  close Wed.


ホームページ上の写真や記事の複写転載はご遠慮下さい。





2021/03/08

 
































朝、窓から外を眺めるととても暖かそうな日差しだったので
羽織のようなシャツを着ていく事にした。

駅までの道のりは下り坂が多く、犬の散歩をしている人や
ウォーキングをしている人を多く見かける。

日差しは暖かく、季節の移り変わりが心地良い。
遠回りしたくなる気分になったが
お店の開店時間に間に合わなくなるので最短距離で歩いた。





PROJECT by HのREVというシャツ。
初めて見た時は独特なパターンに驚いた。

生地の取り都合を見ると、いかに無駄を出さないかという所も
深く考えられているのではないかと思っている。
それでいて洋服として成立する着心地とデザイン。




生地は綿の度詰天竺。

先日ご紹介したZIONというパーカと同じ素材で
製品後手作業で何度もインディゴで染められていて
余計に目が詰まり硬くズッシリしている。

しかし、伸縮性がある分動き易く着ていて楽だった。




実際にご購入頂いたお客様が
『こだわりが細部に宿るシャツは、
羽織ると重さが消える不思議なシャツでした。』
とinstagramに投稿されていました。

まさにその通りでインディゴの経年変化も期待でき
着込み甲斐があって日々変化する洋服はきっと楽しいはず。



PROJECT by H / REV_Dark Indigo
size XS、S、M(sold out)
(171cmでSを着用しています。)


気になる方は店頭でご覧頂くかメールにてお問い合わせ下さい。



__________________________________________________________________________________________________________


INSIDE MY GLASS DOORS

大阪市中央区久太郎町3-1-16 丼池繊維会館102北
06-4708-7886   
open 12:00-20:00  close Wed.


ホームページ上の写真や記事の複写転載はご遠慮下さい。




Copyright INSIDE MY GLASS DOORS All Rights Reserved.